set lists

MIQueen Vol.5  at えでぃさんの店 2010.5.3(月祝)

  【 他所への下記コンテンツ無断転記等は御遠慮下さい 】


Vo. MIQ
Pf.  Gt.  増田 泉
Gt.  えでぃ


Stage 1

01. Killing me softly with his song  スローピアノアレンジ
02. Mas que nada
03. ロミオとジュリエット  オリジナルスクリーン版ピアノアレンジ
04. 愛のバラード (犬神家の一族)
05. Just the two of us  Bossaピアノアレンジ
06. MIQueenハイパーディスコメドレー
    〜 Dancing queen 〜 Relightmy fire 〜 Hot staff 〜 Never can't say goodby
   〜 Can't take my eyes off of you(資料により Can't take my eyes off you とも)


Stage 2

07. Hey You
08. わすれ草  アコースティックギターアレンジ
09. Coming hey you  アコースティックギターアレンジ
10. Get it !
11. Night birds  Ver.2 *
12. Blue lagoon *
13. ユメノハナ =MIQ新曲オリジナルバラード


アンコール 1

14. Stand by me 〜 Amazing grace  アップライトピアノアレンジ

アンコール 2

15. More (世界残酷物語)  スローピアノアレンジ 〜 アップライトピアノアレンジ


  *印 : えでぃ氏 ギター参加



主催者敬白

今回Vol.5 を持ちまして、MIQueen 二周年という節目を越える事が出来ました。

海外からは流石に無かったものの、特に関東周辺からも遠方に関わらず多数ご参加頂けました。
更に、ラジオ関西 『 青春ラジメニア 』 などに出演・ご活躍中のお二人から、岩崎和夫様が再びお出で下さいました。
ラジメニアではMIQueenを番組内で毎回お取り上げも頂け、本当に有難い事と感謝致しております。

今回何よりも拘りましたのは、 『 原点回帰 』 という事でした。
MIQのメジャーデビューを鮮烈に彩った原点中の原点 Hey you 、そしてそれに連なる わすれ草 、 Get it 、 Comming hey you 。
過去如何なるステージでも成し得なかった、この4曲の一挙公開、先ず何を置いてもこれでしょう。

また過去MIQueen の流れを組む曲々も、新たな装いとなる様、アコースティックでアレンジし直し、またMIQのアドリブやフェイクも極力廃して貰いました。
フュージョン系2曲も、MIQには更にシャウトまでも努めて除いて貰いました。
これらを合わせ、原曲に極力近い味の 『 原点回帰 』 を狙い、それでいて原曲とは違った新しさと感動にも挑戦してみました。

MIQの人生初購入LPであり、後々まで多大な影響を受けたとされる 『 ロメオとジュリエット 』 実現は、これもまたMIQ自身の大きな 『原点回帰 』 でありました。
尚、巷で耳にするこの曲は実はポップスアレンジであり、MIQはアレンジ前の少々レアなスクリーンオリジナル版に拘りました。

更に長らくMIQ胸中で温められていた、オリジナル曲をまた持ちたいとの思い。
それが暫定版ではあっても今回MIQueenで具現化できた事も、MIQだけでなくファンのお客様にも大きな喜びとして頂けたのでは無いでしょうか。

以上より、当初は 『 お客様満足度を高めつつも、出演者の負担軽減を 』 も掲げ進行していた筈の企画が、最終的に何時に無く新たな試みで固まった回となりました。
MIQも何時も以上に大変そうではありました。
が、本番終了後の楽しさと充足感はここ暫く類を見なかった とも、熱く語っておりました。

さて、次回 MIQueen Vol.6 は、関東でも高まる要望に応える為、今秋いよいよ東京にて初開催と致します。
大阪ではその先の来年5月開催になり、お客様には誠に心苦しき限りですが、必ずやパワーアップを果たして帰って参りますので、その折は旧来と変わらぬ御愛顧を何卒お願い申し上げます。


MIQueen事務局 ( 主催者 )